FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

ドル円 予想 FRB

f:id:Original23:20200729224912p:image

今週は、前半からややスロースタートでしたが後半にかけて短期的な落下が目立った印象にあります。

何が原因で落下したのかと、情報集めしても米中関係の報道以外ありませんでした。

ウイグル人弾圧による米政府の制裁が今の米中のメインになりますが、他にもファーウェイ問題、米中交渉第2段の検討などなど、米中の話題があり過ぎて、方向性が掴めないのも事実ですね!

ただ、ドル円の短期的な落下は想定内なので、今日は、来週のメインテーマを探しつつ、ドル円相場を4年目のトレーダーがシンプルに解説していきます。

もくじ

 

FRB

まずは、来週のメインテーマになりそうなFRBの話題から話たいと思います。

土曜日の深夜ですが、FRBがまた社債を買い入れしました。

その中には、アップルやアンバイザー・ブッシュ・インベブなどの大手企業の社債買い入れが印象的で、総額13億ドルを買い入れたそうです。

いつまで、買い入れを続けるんでしょうか?

 

コロナ2次感染の影響が大きいんじゃないの?だって、つい先日、アップルが再度店舗を休業したとか言ってたよね?

 

まぁ〜確かに!2次感染の影響は避けられないですよね!

 

ただ、やはり今思う事は、ここまで買い入れが続けば、そりゃ〜ドル安になりますよね〜って話ですね!笑笑

 

全体・ドル円 ファンダメンタルズ分析

 

ECB理事会

来週のメインテーマになります。要注目です。

 

来週の木曜日に政策金利の発表があります。

今回17日、つまりECB理事会の翌日にEU 首脳会議が開かれ、EU復興基金について討論する予定です。

 

今回、7500億ユーロから約1兆ユーロの復興基金を変更している事から期待が膨らんでいます。

 

また、前回の会議で、反対している国が4ヶ国いますが、その中で、総裁のラガルドさんがどのような発言をするか注目する部分です。

 

ただ、協議は難航状態であるのは変わりありません。

難航している理由は、もし復興基金が現実的になった場合、そのお金の返済内容です。

仮に、返済しなければならない場合は、全部返さなければならないのか?もし返す場合の期限は?という内容が難航している原因です。

また反対派の4ヶ国以外の加盟国も可能性が低いだろうと悲観的なので、どちらに転ぶか分からない状態です。注意してください。

 

コロナ2次感染

こちらは、アメリカの感染状況は現在も拡大していますが、ドルが売られ過ぎている事もあり、一旦は調整のドル買い戻しの状態で落ちついていますが、今度は日本の感染者数が一日で240人を記録しています。

もしかして、ドル円の落下は日本の2次感染の影響で落下したのかとも言いきれるくらいの200人超えという数なので、土日の日本の感染者数の報道に注意して下さい。

 

ファンダメンタルズ分析 まとめ

最近は報道が流れる度に、売りなのか買いなのかが、凄く分かりづらいんだよね!

 

仕方ないですね!こんなに米ドルが売られたのは殆ど無いので市場が混乱状態になるのも無理がないし、それがチャートに表れているのも事実。

 

チャートに表れているって、どういう事?

 

方向性がないって事!特にドル円ね!

 

ただ、個人的には方向性がないというよりは、脅威のドル売りに、トレーダーたちが慣れていないだけかも知れない。

その為、慣れる必要!或いは勉強し直さなければならないかなぁと思います。

 

いつから、ドルがまた買われていくのかなぁ

 

テクニカル分析上では、そろそろ米ドル買いが中期的に起きるとは思っているが、誰も予期していなかったコロナの事を考えたら、今回は、相場が反転する可能性もありますね!特に、アメリカの感染状況をみたら尚更!

 

おまけに、FRBの大量の負債を買い入れしているから、米ドルが大量に出回っているのも事実。

この事から、本当に各通貨ペアの反転があるかもしれません。

 

ドル円 テクニカル分析

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20200712000002j:image

現在日足は、2波と予想しています。

ただ、106108円がレンジ相場という事もあり、もしかしたら、レンジ相場になる可能性も否定できません。

また、豪ドル円は落下する予想しているので、その状況で、ドル円が上昇すると予想するのも複雑です。

 

ただ、最近はオセアニア通貨だけが暴走して上値を伸ばしたので、豪ドル円ドル円が必ず一緒の方向へ進むという事が否定されているので、このままドル円が上昇すると予想します。

 

因みに、上昇の予想が外れた事を証明するには、106円まで落下したら、2波の可能性はないと考えても良いでしょう。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20200712000928j:image

現在、A波と言った所でしょう。ここからダウントレンドを抜いて、更に上昇すると予想しますが、落下した場合、106.5までは落ちる余裕があるとみています。

 

なぜ?

 

日足を2波と予想するならば、その2波だと思っていられる範囲は、106.5円だからです。

それより下に落とされると、落ち過ぎなので、2波の可能性が薄いかなぁと思っています。

106円に到達したら、もちろん2波の予想がなくなります。

 

では!ありがとうございました😊