FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

ニュージー円 予想 米中関係

f:id:Original23:20200711150601j:image

今週は、材料が薄い中での相場展開だったので、前半はかなりのスロースタートでした。

私も週の前半は全く相場から離れていましたが、オセアニア通貨の対円では、落下しそうな感じがしていたので、豪ドル・ニュージードルを売りでエントリーしました。

 

結論から言えば、円買いというよりはオセアニア通貨が売られてきているかなぁという印象。

 

もちろん、円も少し買われていますが、実際の所、テクニカル分析では、予定通りではありますが、ファンダメンタルズ分析も含めると、落とし所はなんだったのかという疑問が生じています。

 

今日は、私が材料視されやすいだろうというものだけを、ピックアップするのと同時に、ニュージー円相場を4年目のトレーダーがシンプルに解説していきます。

もくじ

 

米中関係

まぁ〜さまざまな批判の飛び交いをしている米中関係ですが、正直この話題に触れると、返ってゴチャゴチャになりそうなので、ブログでは書いていませんでしたが、オセアニア通貨的には、この問題を重視されている感じがしているので、今週報道された米中関係だけを触れていきたいと思います。

 

ウイグル人弾圧による制裁

ウイグル人弾圧の前に、アメリカ政府が中国政府内の個人に対して制裁を加えているのがそもそものリスク回避になります。

制裁内容は、賠償金、資産凍結、ビザ発行停止辺りではないでしょうか!

 

特に賠償金については、ドルのみの賠償金になりますから、今回、個人でもっているドルを、ケツの毛までむしり取る戦略なんでしょうね!この辺りは、資産凍結と被っているかもしれません。

 

次にビザ発行停止ですが、要は、アメリカには滞在させないよ!ドルがまた盗まれるから!みたいな感じでしょう。

 

そして今週、ウイグル人弾圧の問題で、中国政府、又はその個人も含め4人に制裁を加えるみたいですが、もちろん、中国政府は批判している展開ですが、批判どころか、対抗措置をとると発言。

 

米中貿易交渉第2段

今週トランプ大統領に記者が第2段について質問した所、現時点では全く検討していない。中国との関係は、それ以前に多くの問題を抱えている。また、来年には検討するのかの質問に対しても、検討していないと答えた。

 

中国企業アメリ

 

今週、米政府は、ファーウェイを始めとする中国企業大手5社に対して、その企業5社の物・サービス等について、アメリカ国内から発注する規制を完成させる予定と報道がありました。

そもそも、ファーウェイがなぜこんな米政府から批判を浴びているのかと言えば、個人情報が盗み取られる機能が付いているとして、アメリカ同盟国に、ファーウェイの商品(携帯)を買わないよう求めた事により、この流れに至っている。

 

以上の点から、オセアニア通貨が売られていると言いたいが、米中関係でも相場の動向が薄かった時期もあった為、今回の米中関係で、オセアニア通貨の売りが強まったというのは、疑問に感じる。

 

ただ、テクニカル分析で、少しオセアニア通貨が買われ過ぎていたので、それだけが根拠ならば、納得できますが…

 

経済指標

来週は経済指標に注目していこうと思います。

 

7/15 🇯🇵日本・日銀政策金利 7月

  

        🇨🇦カナダ・中銀政策金利 7月

 

7/16 🇦🇺豪・雇用統計 6月

(雇用は上がっているが、失業率が前回と同じ予想なので、失業率の変化で相場が大きく動きます)

 

        🇨🇳中国・鉱工業生産指数 6月

        🇨🇳中国・実質GDP 4月

        🇨🇳中国・小売売上高 6月

        🇨🇳中国・小売売上高(年初来) 6月

(中国の経済指標が4連発の発表です。前回より全ての数値が上がっていますが、もし悪化した場合は、豪雇用統計も同じ日に発表される豪ドルには、注意してください)

 

         🇬🇧英国・雇用統計 6月

 

         🇪🇺ユーロ・ECB政策金利 7月

 

         🇺🇸アメリカ・小売売上高 6月

 

注目する部分は、

・7/16に主要な経済指標が集中している事。

オセアニア通貨に注意

・ECB理事会に注目

 

ニュージー円 テクニカル分析

 

ニュージー円 週足

f:id:Original23:20200711171435j:image

現在、週足は2波と予想しています。

上からのダウントレンドラインがありますが、実際は、72円がダウントレンドラインの天井になりますので、注意してください。

ただ、今回72円まで伸びそうもないという事で、この位置にダウントレンドを置いています。

また、ダウントレンドラインとほぼ同じ位置、つまり71.3辺りにレジスタンスラインがあるので、少し抜かすには厳しい状況かなぁと思います。

 

もし2波の予想が正解ならば、週足レベルの3波なので、高額の利益が狙えるかもしれませんね!

ニュージー円 日足

f:id:Original23:20200711172908j:image

途中まで、エリオット波動でカウントできていましたが、上の方は分かりづらかったので、素直にダウントレンドラインのタッチで、落下する予想でいます。

因みに、このダウントレンドラインは、週足からのダウントレンドラインであり、先程の72円が本命と言った場所にも、ダウントレンドラインを引っ張ってあります。

 

まぁ〜落ち方を想像すれば、M字で落下すると予想しています。

落下した場合のストップ場所はアップトレンドラインを目安にして下さい。

 

ニュージー円 1時間足

f:id:Original23:20200711174300j:image

現在1時間足は、C波を予想しています。ただまだ終わってない可能性もあるので注意です。

ダウントレンドラインを抜かしているので、一旦は落下が終了していますが、70.3を越さない限り、新たな落下要因となるので、70.3辺りでの動向に注目。

ただ、先程も言いましたが、C波の上昇が終わってない可能性があるので、上昇が終わった位置を抜かさない限りは、落下するといった形になります。

 

まぁ〜どちらにしろ、私の予想は大きく落下すると思っているので、エントリータイミングが今週大事になってくると思います。

 

全体のファンダメンタル分析は、ドル円のブログで書いていきます。

 

では!ありがとうございました😊