FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

ユーロ円 予想 

f:id:Original23:20200708115744j:image

ユーロにとったら、もう買い材料につながるものがないと思っているので、後は米ドルの動向次第でしょうね!

今週は、特に報道が薄い週になるので、その辺の所を気にしながら、4年目のトレーダーが、ユーロ円相場をシンプルに伝えていきます。

 

全体・ファンダメンタルズ分析

 

もう誰もが知っている通り、アメリカコロナ2次感染が大きく相場を動かしています。

 

このまま米ドル売りが続くの?

 

それは無いと思います。確かに、アメリカコロナ2次感染の影響はとても大きいですが、上値の重さを考えれば、その影響も少し限定的になってきたと思います。

また、少なくとも、米雇用統計・ISM非製造業指数の好感に米ドル買いも発生しているので、とりあえずは今週・もしくは来週辺りで落下が始まると見ています。

 

これからどう動くんだ?

 

とりあえずは、円全体、一旦落下と見ていますが、日足のダウントレンドを崩しているので、大きな落下はないと見ています。

 

それから上がるの?

 

いえ!まずはレンジ相場になるイメージでいます。それから日足レベルで円全体、上昇に入るイメージでいます。

その影響としては、昨日ゴールドマンサックスのGDPの予想が9月頃から伸びる予想をしているので、もしそれが本当なら、ドル円を中心に上昇すると見ています。

 

ただ、一旦は米ドル買いを中心の落下に集中したいと思います。

 

ユーロ円 ファンダメンタルズ分析

 

先程も言った通り、一旦はユーロ買いに繋がる材料がないので、ユーロ売りから米ドル買いに発展する可能性が強いと見ています。

 

EU復興基金

7500億ユーロの支援が極めて困難との報道がありました。

今後は夏季休暇前に、もう一度協議に入りこの法案を通すつもりとメルケン首相が発言。

 

EU イギリス 自由貿易協定

こちらも大した進展がなく、ジョンソン首相は積極的な合意に結び付きたいと思いながらも、

貿易交渉が成立できない場合、オーストラリア条件で離脱すると発言!

 

オーストラリア条件って?

 

オーストラリア条件とは、わかりません!笑

 

まとめ

ユーロにしても豪ドルにしても、中期的にも上昇しすぎているので、一旦は週足レベルでの落下を予想します。

ただ、この先ドル円を中心に上昇するなら、現在ドル円が2波の部分に来ているので、上昇するのも、もしかしたら時間の問題かも…

 

ユーロ円 テクニカル分析

 

ユーロ円 日足

f:id:Original23:20200708134432j:image

日足は、現在4波といった感じでしょう。

5波でどこまで伸びるか分からないですが、ポイントとなるのが122円ですね!

また、日足のダウントレンドラインを抜いているので、ショートがだいぶ減ってきたなぁという印象です。

ただ、少し上昇しすぎている事から、一旦落下を予想。そのポイントになるのが、120円です

そこを過ぎれば、もう一度ダウントレンドライン内に入り、一気に116円まで落下を予想。

その後は、しばらくレンジ相場に入り、ダウントレンドラインから完全に外れて、上昇と言った感じになると予想。

ユーロ円 1時間足

f:id:Original23:20200708142829j:image

1時間足は、アップトレンドを軸に上昇中。

落下シグナルは、122円でのダブルトップもしくは、トリプルトップになる事。

それから、アップトレンドラインから外れる事

特に、このアップトレンドラインは、日足からのアップトレンドラインなので、ここを抜けば日足を見なくても、1時間足でも対応出来るはずです。

 

では!ありがとうございました😊