FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

豪ドル円 予想 ゴールドマンサックス

f:id:Original23:20200707113506j:image

週明けから、豪ドル買いが目立った月曜日。

やはり、まだまだ米コロナ2次感染の影響はあると言う事ですね!

しかし、コロナ2次感染の影響はオーストラリアも一緒の事。どうして、この状況で豪ドルが買われるのか?

今日は、謎の豪ドル買いを4年目のトレーダーが、シンプルに解説していきます。

もくじ

 

ゴールドマンサックス

米大手金融系会社のゴールドマンサックスが、コロナ2次感染の影響で、経済にダメージを与えている中、今年の米国のGDP予測を前回の4.2%のマイナスから、4.6%のマイナスに修正した。

また、それ以外の予想でも、GDPを下方修正するのではないかと予想しています。

 

6月の雇用統計の好感と、昨日発表されたISM非製造業景気指数の予想以上の結果が出ましたが、実態の2次感染の影響は予想よりもダメージが大きいのかなぁと思います。

 

ただ、雇用統計の伸びやISMの伸びを見る限り、米ドル売りが終わっていると見ています。

 

全体 ファンダメンタルズ分析

 

米コロナ2次感染

週明けの米ドル売りの原因は、やはり土日で感染した人数の報道が流れたんでしょうね!

大した報道がない中、すごく気になってはいましたが、やっぱりコロナ2次感染の影響ですね!

EU復興基金

ユーロに期待が膨らむ中、復興基金7500億ユーロの支援が極めて困難だと報道。

 

一旦、期待はおわずけの状態ですね!

 

ただ、メルケル独首相が夏季休暇までにはEU復興基金で合意を取り付けたいと発言している為、またどこかで期待が膨らむと予想はしています。

 

豪ドル ファンダメンタルズ分析

 

ビクトリア州 ロックダウン

オーストラリアでも感染が広がっています。

一部報道では、ビクトリア州に4週間のロックダウンを検討しているとの報道も入ってきている中、それでもアメリカの感染レベルに比べたら、まだ豪ドルを買っていた方が良いという市場の心理なんでしょうね!

ただ、上値が抑えられている状態も否定できないですね!

 

豪小売売上高

5月の小売売上高が予想の16.3%を上回り16.9%の上昇を見せた!

ただ、この小売売上高の上昇は、現在、豪国民がコロナ2次感染の警戒をしている証拠にも見えるのは私だけでしょうか?

 

まとめ

私には、豪ドル買いが終わったと見ています。

確かに短期的には、まだ上昇しているものの、日足レベルではまだ高値は更新していません。

その原因は、やはりオーストラリアビクトリア州の感染拡大でしょう!

 

でも、アメリカの方がひどくない?

 

そうですね!感染拡大は、アメリカの方がひどい有様ですが、いつまでも豪ドルが買われていくという事はないので、再び米ドル買いの調整に入るとして、その米ドル買いの探りどころが、米雇用統計・ISM非製造業指数の好感という事を考えれば、米ドル買いにシフトチェンジする根拠にもなると思います。

それを考えた場合、少なくとも、ここから新規で豪ドルを買うという事は、考えにくいです。

 

米ドル買いは分かったが、円に対しては?

 

現在日本も感染が拡大している中、豪ドルから円を買うと思いますか?

私だったら、GDPが下方修正されているにも関わらず、雇用統計の結果の好感とその期待で、下方修正されないサプライズ報道に期待したい所ではあります。

まぁ〜それでも、短期的に円に一旦は逃げるかも知れませんが、中期的に見れば、やはり売られ過ぎの米ドルに目がいってしまうのは事実ですね!

 

ドル円 テクニカル分析

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20200707142035j:image

現在、日足は75円レジスタンスラインに反発中。

私は、まだ4波と思っていますが、75円を越したら4波の可能性は無くなります。ただ越したとしても、私はM字に落下するイメージでいます。そのポイントになるのが、やはり75円もしくは、76円です。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20200707144555j:image

こちらも見て分かる通り、1回目の75円のタッチです。

もう一回、75円にタッチして、このレジスタンスラインの強さを確認したい所です。

尚且つ、アップトレンドラインを抜いてくれれば、落下する根拠になります。

 

まぁ〜今日も様子見になると思いますが、気楽に見ていこうと思います。

 

では!ありがとうございました😊