FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

豪ドルドル 豪ドル円 雇用統計

f:id:Original23:20200618105601j:image

短期的にリスク回避が昨日の夜から今日の昼まで続きましたが、米中関係の好感から新たに下値のサポートとなっています。

加えて、今日の雇用統計は注目度が極めて高かったので、昨日の段階で雇用統計失業率の予想が、前回の6.2%より予想がプラス0.7%上回っていたので、リスク回避の動きが昨日のニューヨークタイムぐらいからありました。

まぁ〜これで、オーストラリア経済の上向きが一旦ストップされ、悪材料が表面化されてきたという事でしょう。

という事で、4年目のトレーダーが、再弱通過の豪ドルドル相場と、昨日に引き続き、豪ドル円相場を解説していきます。

 

もくじ

 

 

豪雇用統計

 

雇用者数 

前回-59.43 予想 -7.88 結果 -22.77

これはひどい数字ですね!コロナ感染率が少なく、早めの段階で経済が再開された割に、予想よりマイナス。

失業率

前回 6.2% 予想 6.9% 結果7.1%

失業率は、モリソン首相が注目していた指標になります。

まぁ〜元々、米中関係でオーストラリア経済・雇用統計はガタ落ちだった為、この結果は妥当かなぁと思っています。

因みに、リーマンショック時の失業率より翌年の失業率の方が多いと統計的に出ています。

つまり、ここから更に悪化する可能性があるという事になります。

 

全体のファンダメンタルズ分析

 

コロナ2次感染

ますます感染者が増加してきました。

ドイツでは、工場内にて600人の集団感染。

アメリカでは、オクラハマ・テキサス・アリゾナ州などで感染者が増加!

そして、ついにカルフォルニアまで感染者が増加してきました。

これによりクロス円が落下。

 

ボルトン大統領補佐官

ボルトンさんがついに、トランプ大統領がこれまでやってきた経緯を暴露してしまいましたね!笑…これは少しウケました!😂

話題になっているのは、去年の6月にトランプ大統領が中国の習近平国家主席と会談した際、自身の再選を支援するよう要請していたみたいです。

また、ここからが驚きですが、現在トランプ大統領ウイグル人権法案に署名という報道が前日流れたのに対し、ボルトンさんは、同じくその会談で、中国政府が政策するウイグル人弾圧をトランプ大統領が容認したと発言している。

それどころか、ウイグル人を収容する施設の建設についても、正しい措置だ!とトランプ大統領が発言した事をボルトンさんが暴露した!

 

トランプ大統領…終わった…👋

 

ここまでが、リスクオフに繋がるファンダメンタルズ分析です。

次に、リスクオンに繋がるファンダメンタルズ分析です。

 

経済再開

コロナ2次感染と言っても、再度ロックダウンはどこの国も究極の選択だと思うので、ここは今の時点ではないでしょうね!

特に、アメリカはトランプ大統領が再度ロックダウンの可能性は?の質問に、その必要はないと発言。

その他、アジア中心に今日は経済再開の報道が印象深い1日でした。

 

米中通商交渉

なんか本当に気持ち悪い関係ですね。

全く別問題として考えての行動は政治らしいと言えばそれまでだが、なぜ今更こんな報道が米中関係の好感に期待と言えるのか?

どう考えても、期待どころかずーっと期待のない状態にあると思っています。

今はトランプ大統領も言ってましたが、選挙前という事もあり、貿易通商交渉を一部分でもまとめたい考えもあり、また今は、これにすがるしかないという発言も出ているので、関係が回復というよりは、今はそう見せているだけにしか過ぎないという事です。

トランプ大統領が再選されれば、今度は本気で潰しにかかるかもしれません。笑

 

ファンダメンタルズ分析のまとめ

かなりショートとロングが交差しまくっているのが現状です。

かなり、2次感染の影響が強いと認識しているにも関わらず、大きな下げもなく、どちらがと言えばチャート上では底堅さがあると言えますし、底堅さの理由がいまいちよく分かっていません。

もしかしたら、2次感染の報道に敏感になり過ぎているのか?それとも、まだ2次感染が本格化していないのか?

いずれにしても、サポートラインがうっとうしいですね!笑笑

 

豪ドルドル 豪ドル円 テクニカル分析

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20200618210250j:image

私はかなり間違っていたカウントをした可能性があります。

(あくまで可能性です。エリオット波動なので余り信用するのも…って感じですが) 

今のこの動き、どう考えても4波の動きにしか見えません。

とすると、5波は一番目のアップトレンドにぶつかる可能性があると言う事。

2番目のアップトレンドラインは、もし5波がフェイラーした場合の落下位置。

(このラインは少し適当かも!)

で!5波の後は図の通りで、最終的な形は前と変わっておらず、右肩さがりのM字で落下!

これなら、納得いくエリオット波動だと思います。

でもこれが正解なら、2波が読みづらいですね!笑

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20200618211032j:image

1時間足は、もし日足が4波だとすれば、ダウントレンドラインに沿ってショート!73円も抜くと思います。

ただ、アップトレンドラインには気をつけてください。

仮に、私のエリオット波動が不正解の場合は、このアップトレンドラインから落ちないと思います。

もしショートするなら、このアップトレンドラインを見極める必要があります。

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20200618212655j:image

日足は、現在C波になると思います。

まぁ〜これは簡単ですね!これから落下すると予想しています。

 

豪ドルドル 1時間足

f:id:Original23:20200618212843j:image

1時間足は、ダウントレンドラインに沿ってショートエントリーですね!

ラインが3本あるので、どちらか選んで進めて下さい。

また、サポートラインも2本あります。

私のエリオット波動のカウントミスなら、このサポートラインが上手くサポートされ、上昇した場合、私の予想が外れている可能性が高いです。

ドル円と同様、直近のサポートラインには気をつけて下さい。

 

では!ありがとうございました😊