FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

ユーロ円 FRB

f:id:Original23:20200616094058j:image

昨日のクロス円は上がる予想をしていて見事的中したのは良かったですが、かなり深い所まで落とされ、正直コロナウイルス2次感染がここまで深刻になるとは思わなかったかなぁと思います。

特に、東京の50人以上の感染者が出ているのには驚き、また2日連続して50人以上の感染者が出ているとは思ってなかったので、この先の展開が、またコロナウイルスによるリスクオフに傾き始めるのではないかと少し思っています。

ただ、それでも2次感染のリスクがある国はロックダウン解除をし経済が再会しているので、

ここで再度ロックダウンをすれば、経済が恐ろしい程落ち込む予想はしていますし、今のクロス円の日足レベルでのチャート上にとっては絶好のタイミングです。

…長くなってしまいました💦

それでは、4年目のトレーダーが、ユーロ円相場をらく〜に解説していきます。

もくじ

 

FRB

まず昨日、コロナウイルス2次感染が懸念される一方で、FRBがこの懸念を打ち消すかのように、企業のバランスシート内にある社債を、FRBが買い手として16日から購入すると報道が入った。

これにより、ドル売り円以外の通貨が買われる動きになった。

まぁ〜一時的なドル売りでしょうね!

社債国債を購入しようが、現状はコロナ再感染者が増加している状況!この状況で経済が再び止まってしまえば、再びリスクオフ!

ここまで来れば、政府も打つ手がなくなるんじゃないでしょうか?

その状況を作らない為にも、無理矢理経済を回していく可能性がありますね!

 

そして、ここで期待されるのが、治療薬とワクチンの報道です。

今後この報道には、今の短期的なトレンドが2次感染なので、敏感に反応すると予想しているので注意したいです。

 

全体のファンダメンタルズ分析

 

今日の時点では、FRB社債購入報道でひとまずリスクオンの状況です。

今日の報道では、トランプ大統領が景気テコ入れで1兆ドルのインフラ投資を検討しているみたいですね!

この報道ではまだ反応がありませんが、ロンドンタイム・ニューヨークタイムに注目です。

 

ここからの報道には注意する材料です。

 

コロナ2次感染 

ニューヨーク・ワシントンなど、経済中心の都市。

又、アメリカだけでなく、東京の感染増加

他、現在堅調であるオーストラリア等の感染者数の低かった国の2次感染。

 

大統領選挙

今年の注目イベントです。現在、人種差別抗議デモ・コロナウイルスの対応の遅さなどから、米国民からの支持率が6月16日の時点で39%、共和党支持率は80%と高水準だが、全体の39%の支持率は少し少ないですね!

今後の大統領選挙の報道に注目。

 

ユーロ円のファンダメンタルズ分析

 

日銀

・金融緩和策を維持

・必要なら躊躇なく追加緩和

・企業等の資金繰り支援、特別プログラムを

 110兆円超に拡大。

まぁ〜一時的に上がりましたが、そこまで重要な材料ではないですね!

 

他、ユーロに関しては引き続きイギリスの貿易協定が最大の材料になります。

 

ユーロ円 テクニカル分析

 

ユーロ円 日足

f:id:Original23:20200616130920j:image

日足は、現在 B波に入っています。

A波で120円以下に行こうとする試しでトライしていますが、今の所失敗ですね。

一旦上昇してから、再度120円をトライすると思います。その場合C波になります。

 B波の上昇は123.5を目標にしたい所ですが、目標を定めたら、後は1時間足のみに集中です。

 

ユーロ円 1時間足

f:id:Original23:20200616131445j:image

1時間足は、エリオット波動でカウントしづらいので、アップトレンドラインを頼ります。

昨日の落下が少しえぐかったですが、クロス円全体的に、綺麗なWの形になっています。

引き続き、アップトレンドラインを目印にロングを仕掛けたいですね!

 

まとめ

 

今後の報道には注意です。 B波はいつ終わってもおかしくはありません。

真っ当な事を言えば、狙うべき波はC波になるので、FRBの材料に落ち着きが見られれば、落とし処を探る展開になると思います。

 

では!ありがとうございました😊