FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

豪ドル円 豪雇用統計

f:id:Original23:20200610201931j:image

さぁ!まずは今日のFOMCが大事になります。

フォワドガイダンスの強化・イールドカーブコントロールの実行の2点に注目が集まります。

ただ、今現在のチャートを見る限りドル売りの反応なので、市場はネガティブな捉え方をすると予想しているみたいですね!

ただ、どんなにドル売りをしても、一旦は調整モードです。今ショートにしても正直、別に戻って来るからいいだろ!っと思ってます。

今日は、一足早く来週の豪注目して材料の雇用統計について軽く話すと同時に、4年目のトレーダーが、豪ドル円相場をらく〜に話したいと思います。

 

もくじ

 

豪雇用統計

 

来週の木曜日に発表となるオーストラリアの注目材料である雇用統計は、モリソン首相が先週、ようやく経済再会が本格的になり、これからは、雇用統計が焦点になると発言したので、この発言に意識しないわけないと思い雇用統計に注目しています。

経済活動を含めですが、雇用統計の結果次第では、段階的に2500億豪ドルの景気刺激策を終了していくみたいです。

まぁ〜好感と見て良いと思います。

 

全体のファンダメンタル分析

 

米中関係の材料に反応しなくなってしまった以上、今週はFOMC以降は材料がない状態です。

まぁ〜材料がなくても、調整モードでとりあえずはジリジリ落下すると思っているので、現在ショートエントリーをしていますが、損切りラインを50pipsほど幅を広げてエントリー中で、どうせ落ちて来ると思って結構放ったらかしの状態。

たまにはこんな相場も良いかな〜と思っています。

 

ドル円 テクニカル分析

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20200610211416j:image

大体は想像ついていると思いますが、一度74円まで下げてそこから短期的にロング。

その後、上げきれなくてC波、もしくはその後4・5波まで続くと予想しています。

最終目標は、約72円付近までの落下を予想します。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20200610211934j:image

まぁ〜若干三角持ち合いになってますが、FOMC待ちですね!

明日、落ち着いた頃にエントリーしとけば、後は落ちるだけですね!

 

では!ありがとうございました😊