FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

ユーロドル 中期トレード ドル買いはまだ先か?

f:id:Original23:20200602103706j:image

ユーロに関してはまだ上げていく要素はあります。とりあえずはECB理事会に注目です。

それから貿易面に関しては、イギリスとの貿易交渉には少し警戒すると思いますが、このままイギリスとの決裂は、最悪避けるはずと思っています。理由は、昨日書き上げたユーロ円のブログを見てください。

 

さぁ!問題はアメリカです。

やはり、黒人殺害の問題がリスク回避に繋がっています。トランプ大統領も、このまま国民の暴動が治らなかった場合、暴動化しているアメリカ全土に米軍を配備するとの発言。

この米軍配備がドルをどちらの方向に持ち込むのか?少し気になる所ではありますが…

この暴動の原因は勿論米警察官が黒人を死亡させてしまったのもありますが、ここまで暴動化するほどの原因を作った本当の原因は、コロナウイルスによるロックダウンを始め、外出強制自粛によるストレスが黒人を死亡させた事に、スイッチが入り、暴動化してしまった原因の一部だと思っています。

 

日本でも、実際渋谷警察署の前で抗議デモがありました。

アメリカ・日本だけではなくスペインでも日本の企業経営の悪化で失業者が増え、タイヤを燃やしながらの抗議デモがありました。

 

本当の原因はコロナウイルスなんでしょうね!

 

そのコロナウイルスを蔓延させた中国ですが、今日の報道で、貿易交渉での順守を破る発表にアメリカの動向に注目が集まっています。

こちらは、次の豪ドルのブログで書きたいと思います。

 

まぁ〜米ドルの買いが入るのは、まだまだかなぁと思います。

 

      テクニカル分析

 

        ユーロドル 日足

f:id:Original23:20200602111117j:image

現在日足は、1.115手前。実際1.115もあり得ますが、ECB理事会の事を考えるのならば、もう少し様子見をして、1.12に到達するのを待っていた方が良さそうな場面です。

ただ、実際ECB理事会も期待されている程の報道がない為、1.12も視野に入れながら、1時間足のアップトレンドラインを抜いてからの損切り浅めのショートエントリーも悪くは無いと思います。

    

      ユーロドル 1時間足

f:id:Original23:20200602112212j:image

1時間足は、トップでヘッドアンドショルダー気味になっています。トリプルトップでも良いですが、1.115で反発しているのは間違いないです。

ここまで来れば、ショートしても良いと思いますが、実際はアップトレンドラインを抜けてからの方がより確実ですね!

 

ユーロと豪ドルが好調です。あまり流れに逆らわない方が良さそうですね!

では!ありがとうございました😊