FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

ユーロ円 中期トレード 国家安全法だ〜?

f:id:Original23:20200523082841j:image

昨日の日銀臨時金融政策決定会合は、折り込み済みでしたね!それでも、サプライズが出ても良いように、投資家達はポジション調整していた感じもしましたが!

その後は全人代の話題が写り、米批判はなかったものの、忘れてた香港人権法案に関する話題に、米政府に火をつけてしまいました。

 

来週は、リスク回避の流れになるか!それとも米中関係の材料は、もう古くて材料視されにくいのか、そこら辺を見ながらユーロ円相場を、4年目のトレーダーが、らく〜に解説していきます。

 

             ファンダメンタル分析

 

        全体のトレンド

 

(全人代)

 

まずは、全人代の内容としては、GDPの見直しとか、経済対策・中国国防費とか色々ありますが、中国の出す数字は余り信用していないので省略します。

 

さて、今問題となっている国家安全法ですが、なに?と思っている人もいるので、軽く触れたいと思います。

 

イギリスは香港を、中国に返還する条件として、香港基本法という法律を返還してから50年間は、この法律を元に経済?自治性を自分達で行っていくというやり方を中国に提示して合意となった。これが、一国二制度です。

しかし、返還後から徐々に中国の法律よりに傾き始めてきた。

そして、今回香港で大規模なデモがおきた。

我慢の限界ってやつでしょうか。

原因は勿論、中国の法律を香港に押し付けたのが原因にある。

もう少し詳しく言えば、犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める逃亡犯条例の改正案ですが、とにかく、香港基本法を無視した中国政府に香港市民が激怒した事で、中国政府による香港市民弾圧が始まった。

 

そして、今回の国家安全法もその一つ。香港基本法があるのに、中国政府が勝手に国家安全法を加えた事で、アメリカを始め、イギリス、カナダ、オーストラリアなどが、中国政府を批判している。

 

カナダに至っては、現在、香港にカナダ人がかなり在籍している事もあるみたいで、オーストラリアは、今回の中国の関税に対する報復措置みたいなものでしょう。

イギリスに関しては、勿論返還した事に対しての責任。

アメリカに至っては、香港人権法案を成立させたので、引くに引けないのが現状でしょう。

 

又、米マコネル院内総務が、中国が香港の弾圧を強めれば、米中関係を見直すと警告している。弾圧とは、国家安全法の事でしょうが、米中関係ってどのレベルの事なんでしょうか?

通商交渉第1段階の事でしょうか?そうなれば、完全リスクオフですが…

 

まぁ〜今の所、リスク回避気味ですが、来週の相場次第といった所だと思います。

っていうのも、先々週辺りは、米中関係の報道が出ても、余り材料にされていなかった事に、疑問を感じているからです。

なので、米中関係が悪化してるから言って、ショートというのも、少し危ない感じがするので、ここはテクニカル分析を徹底する事が大事になります。

因みに私は、下りが悪ければショートポジションを切ります。

 

ただ、注目する部分もあります。

それは上記にも書いた通り、もし米中関係の見直しの事が、米中通商交渉の事であれば、ショートしている私にとったらチャンスといった所ですが…笑笑

まぁ〜報道待ちですね。

 

     ユーロ円のトレンド

 

(ECB)

 

コロナウイルスによる経済の影響緩和にむけ、

一段の対応策を導入、完全な用意を整えていると報道!…完全な用意⁉︎

6月4日のECB理事会で決定されるとしている。

6月の理事会前に入手された情報に基づいてこれまでの刺激策では不十分だと判断した場合、理事会は緊急購入プログラム(PEPP)の規模拡充と構成内容の調整などを実施する完全な用意を整えていると報道!

6月4日のECB理事会に注目です。

 

*今週の動きは、経済再会によるものとコロナウイルスのワクチンの話題でリスクオンになりましたが、やはり、米中関係で一気に冷え込んできたイメージがします。

ただイメージなので、投資家の話題がどの材料をみているのか、来週で分かるような感じがします。

 

 

     テクニカル分析

 

     ユーロ円 日足

 

f:id:Original23:20200523213246j:image

日足は、現在ダウントレンド内でのC波が終わった所です。ダウントレンド内で動くならば、4波を否定し、現在は1波になります。

逆にここから、4波に入っていれば、次が5波という事もあり、ダウントレンドから外れて、日足の上昇転換になると思います。

結果、私の予想は、このまま再度落下を予想します。

 

では!ありがとうございました!