FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

ユーロ円 短中期トレード 原油ね💦

f:id:Original23:20200508091805j:image

昨日の上昇の原因は、原油の価格引き上げですね!

毎回、この原油の話題がうっとうしく感じていますが、テクニカル分析上は、まだまだ落下域です。

ただユーロは、少し違うので、そこら辺を4年目のトレーダーが、ユーロ円相場を、らく〜に解説します。

 

よろしくお願いします。

 

  ファンダメンタル分析

 

      全体のトレンド

 

(原油)

 

まず昨日の上昇の原因は、原油価格を引き上げた事が原因ですね。

4月中盤ごろから、原油の減産を始めても、原油相場が回復せず、その後減産しても世界の貯蔵タンクが85%に達し、尚減産せざるを得ない状況になった。

その後は、少しづつ上昇していると思います。ここまでが、上昇前の話ですね。

そして今回、今までは割引していた原油を、価格引き上げと予想を反しての実行。

 

この価格引き上げは、OPECだけでやった事なのか、それともサウジの単独で価格を引き上げたのかは分かりませんが、素人ながら意味があるのかと疑問があります。

理由としては、OPEC産油国の価格を引き上げないと意味がないと思うし、

今現在、まだ貯蔵タンクにいっぱいあるのに、誰が買うんですかね?笑笑

長期目線で考えれば、メリットがありますが…

まぁ〜短期的には、また元に戻るイメージでいますが…

 

(アメリカvs中国)

今週までに、中国が貿易合意に順守しているかどうかを公表すると発表しています。

まぁ〜見守りましょう。

 

(アメリカvs中国part2)

 

覚えていると思いますが、去年、ウイグル人弾圧を中国が実行した事が、原因で、近く、米上院共和党トップのマコネル院内総務が、ウイグル人権法案の可決に向け、採決を実施するみたいですね。

この法案が可決されれば、またリスク回避要因が増えます。

 

何だろ〜か。アメリカがこれ以上、エスカレートした行動に出てしまえば、軍事レベルまで発展してしまいそうな勢いですね!

少し恐ろしい展開です。笑笑

 

    ユーロ円のトレンド

 

ユーロ自体は、引き続き売り目線です。

昨日は、アメリカとユーロとの間でひともんちゃくがあったみたいですが、これに関しては、そこまで影響しないイメージがあるので、やはりメインとなるのが。6月末でのイギリスとの貿易協定ではないのでしょうか!

ただ、短期としては一旦買い戻しでしょうね!

 

    テクニカル分析

   

     ユーロ円 日足

f:id:Original23:20200508112015j:image

日足は、一旦上昇と予想します。

ただ、やはり、今のユーロを買う展開でもないように思えるので、ユーロ円に関しては、戻り売りをショートで狙う感じが最適ですね。

 

     ユーロ円 1時間足

f:id:Original23:20200508114819j:image

1時間足は、直近のダウントレンドを抜きそうです。ここを完全に抜ければ、117円まで見てもらえれば良いかなぁっと思っています。

アップトレンドに関しては、一度このラインでロングエントリーも有りですが、

このラインでずっと上昇するとは思えないので、抜ければ即損切りですね。

 

私は、現在豪ドル円と豪ドルドルのショートを持っていて含み損に耐えている状態。

ドル円に関しては、70円を抜ければ、損切りで、豪ドルドルは、0.658を抜ければ損切りです。

 

まぁ〜耐えるしかないですね!笑笑

 

では👋