FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

カナダ円短中期トレード

f:id:Original23:20200503203722j:image

金曜日0時ごろから、資源国中心に売りが入っています。

一瞬、新型コロナの影響で株・原油で落下したのかなぁ?って思いましたが、

原因は、米中問題です。

米中問題は、別のブログで書いていますが、ザックリに書いていきます。

と同時に、4年目のトレーダーがカナダ円相場を、らく〜に解説していきます。

 

よろしくお願いします。

 

   ファンダメンタル分析

 

       全体のトレンド

 

(米中問題)

 

もう殆どの人が分かっていると思いますが、今アメリカ政府は、中国で起きた、新型コロナウイルス蔓延の代償として提訴する動きが出ています。

この問題の先は、武漢の研究室でコロナウイルスが流失して、それを隠蔽したのか?それでも、完全に自然発生を隠蔽したのか?

どちらにしても、隠蔽したの事で提訴されている状況です。

ここまでは、先週前半の話になります。

 

今回、金曜日の1時に落下の原因は、やはりトランプ大統領の発言になります。

 

まず先週後半からの発言ですが、

(中国は、大統領選挙で私を敗北させる

 為ならなんでもやる)

(私にできることは多くあり、現在、中  

 国で何が起きたかを調査している)

です。

で、今回新たな展開が、米中貿易交渉で、中国にとってのリスクが低下してきた事で、今回の問題に、新たな米中関税をかける動きが出てきています。

 

ただ、その関税をかけるとしても、現在、米国は中国に医療用防護服を輸入してもらっているので、中国にどの程度強硬な措置を講じ、どのように適度に調整するか議論が交わされている、との事です。

 

後は、まだ色々な発言が出ていますが、

完全に表面、つまり相場に影響してきているのは間違いありません。

ここまで来れば、メインが、コロナウイルス〜米中問題に切り替わるはずです。

 

      カナダ円のトレンド

 

とにかく新たな材料である米中問題ですね!

この問題で、どこまで下値を試すのか?

でも、正直ここから下を狙えるかと言えば、私は余り下がりすぎた相場に、下値を狙いづらいので、様子見で行きます。

 

     経済指標

 

    カナダ円に関する指標

 

5/5 🇺🇸アメリカ・貿易収支 3月

 

      🇨🇦カナダ・国際商品貿易 3月

 

      🇺🇸アメリカ・ISM非製造業景気指数

           4月

5/6 🇺🇸アメリカ・ADP雇用者数 4月

 

5/8 🇺🇸アメリカ・雇用統計 4月

 

   🇨🇦カナダ・雇用統計 4月

 

       他 主な指標

 

5/5 🇦🇺豪・中銀政策金利 5月

 

5/6 🇳🇿NZ・雇用統計 1月

 

   🇦🇺豪・小売売上高 3月

 

5/7 🇬🇧英国・英中銀政策金利 5月

 

    テクニカル分析

 

      カナダ円 週足

f:id:Original23:20200504110227j:image

 

現在週足は、第4波だと思います。

第3波は、ヘェイラーしているので、かなり下に3波があると思いますので、第5波は、そこまで下がらないと思います。

 

      カナダ円 日足

 

f:id:Original23:20200504115146j:image

日足は、一応 アップトレンドラインダウントレンドラインを引きましたが、ザックリ言ってしまえば、レンジ相場です。

まずは、75円サポートラインで様子を見たいですね。

 

     カナダ円 1時間足

f:id:Original23:20200504115947j:image

とりあえず、ダウントレンドラインから抜ける事と、75円付近のサポートラインでの様子見です。

 

まぁ〜動き出すのは、ロンドン時間からになるので、そこからの動きに注目です。

 

では👋