FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

🇪🇺🇺🇸短中期トレード 上げでもないはず

f:id:Original23:20200301122539j:image

 

この通貨ペアは、結構触りたくないペアだと思っています。

理由を挙げるとしたら、ユーロとアメリカの関係、ユーロとイギリスの関係が挙げられ、どれも全く解決してない問題が山ほどあると言う事。

なので、私からしてみたら、関税問題、貿易協定がある中で、日足の反転は、まずないだろうと思ってますし、イタリアのコロナウイルス感染拡大もあるので、ショート優勢と思いたいですが、今週は、アメリカの新型コロナウイルス感染拡大を強く警戒した事もあり、ドルが売られている事も事実。これに加え、米株、ダウの落下。

想像が付きにくいですね。ロングかショートか?…

 

ファンダメンタル分析

 

  全体のトレンド

 

(コロナウイルス)

 

まぁ〜おなじみですが、特に注意するのが、アメリカでのコロナウイルス感染拡大です。

これが、人数によっては相当なリスクオフになり、更なるドル売りが実行されると思います。

 

(🇺🇸米国、🇮🇹イタリア 🇰🇷韓国に入国拒否)

 

日本が除外されてます。が、どうなんだろう。リスクオフ要因と言えば、リスク要因だが、多分ドル買いに転じる可能性があるのと、同時に円買いもありかなぁ?

ドル買いとなれば、イタリアだからユーロが売られ、ユーロドルは下がるという事が言えると思う。

又、それにつられて、ドル円も落下だと思います。

 

(スーパーチューズデー)

 

この結果次第で、ドル売り?よう分からん…

トランプの対戦相手を決めるのに、大統領から引きずり下ろすリスクがある人物が決まるからか?

そんなのだれが来たって同じじゃん!笑笑

結局、リスク要因は、トランプとのタイマンで、トランプが危ない時に発生するものだと思うが…

 

 

  🇪🇺🇺🇸のトレンド

 

引き続き、コロナウイルスでしょう。

又、イタリアがアメリカに入国禁止になってるので、ユーロが売られる予想をしたいです。

 

経済指標

 

3/3 🇪🇺ユーロ・雇用統計 1月

 

3/4 🇩🇪ドイツ・小売売上高 1月

 

3/5 🇺🇸Us アメリカ・ISM非製造業景気

    指数 2月

3/6🇺🇸アメリカ・雇用統計 2月

 

まぁ〜注目したいのは、アメリカの経済指標もそうですが、中国の経済指標が気になります。

ところで、中国の経済指標は、発表するのか?しなければ、オセアニアは、更にリスク回避が加速されるが…

 

テクニカル分析

 

🇪🇺🇺🇸日足

f:id:Original23:20200301174541j:image

現在は、A波動と思って下さい。そのAも、Bに入りそうな感じがします。

ほんとうは、1.107までいってくれた方がやりやすいですが、仕方がない。

上限は、1.115の方が良いですね。

その上のラインは、まだ2回しかタッチしてないので、より明確にタッチが確認されているのが、2番目のライン1.115になります。

下は、1.09or1.08です。

 

🇪🇺🇺🇸1時間足

f:id:Original23:20200301195255j:image

ダブルトップになっていますが、とにかく、ここは、一旦様子見です。1.105を超えられなければ、ショートで良いと思いますが、基本は、右上がりのアップトレンドを抜くか、抜けないかです。

損切りは、1.108が妥当です。ちょっと30 pipsと損切り幅がでかいですが、仕方がない…。その為にも、来週は、1.107に近くまでいってほしいものですが。

 

少し、ユーロドルは、難しい場所にいます。

月曜日は、様子見が一番です。

 

では👋 ありがとうございました。