FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

今週の反省

今週もコロナウイルスの話題で持ちきりでした。

私は、織り込んだと予想をしていましたが、上値が重く、日足では乱高下しまくった印象でした。

乱高下するという事は、まだ織り込んでないんでしょう。

ただ織り込んでないとしても、下げも限定的で、謎です。

調べてみると、中国が金融緩和をやるみたいです。そこの期待感があるのかなぁと思っています。

 

まぁ〜今の所、方向性がない状態で、金融緩和をして一時的に上がったとしても、来月の経済指標の悪化で、警戒が更に上がると思います。

どう考えたって、今の経済状況は悪いはずです。

 

ファンダメンタル分析

 

(中国GDP)

 

ファンダメンタルで印象的なのが、中国です。昨日ロイターの調査で、第一四半期のGDPが4.5%という予想が出ました。昨年の第四四半期は6.0%だったのが、4.5%まで落下。

相当の痛手だと思います。その前から私も予想が-2.0%まで下がると聞いていましたが、かなり現実味を帯びて来たなぁって感じでした。

 

(東京オリンピック)

 

コロナウイルスの影響は、中国以外ではどの国よりも深刻なのが日本です。

爆買い中国人がいない今、小売売上高にも影響し、又、その他にも影響があると思いますが、昨日から今日にかけて、

オリンピックの中止も危ぶまれています。今は、意見が分かれているため、なんとも言えないが、今後、日本の感染拡大と死者数が増えれば、オリンピックの中止という、とてつもなく大きなネタになる事は間違いないでしょう。

当然、オリンピックが中止になれば、安倍政権も危ないし、自民党の信頼感もなくなってくる非常にヤバイ展開となります。

 

(アメリカ経済指標)

 

現在のアメリカ株は上昇中。昨日、小売売上高の結果は悪かったですが、その他は、悪くない印象があります。

又、大統領選挙もある為、今年一年はアメリカの更なる経済の上昇が見込まれると予想しています。

とにかく強いです。

 

ここまでの結果、ドル高、円高です。

結局、ドルと円の方向性よりも、他の国が弱すぎて、ドルと円を買わざるを得ない展開です。

ユーロとポンドは、不透明感があり、円とドルに逃げる展開。

オセアニアは、中国の影響もある為、自国がよくても、まともに受けてしまう為、豪ドル ニュージードル、中国元の3種類は、いずれもドルと円に逃げている展開。

じゃードルと円は?ここは、円安ドル高です。先程も言いましたが、米経済が強いです。その為、ドル円とクロス円の方向性が違う展開になっているのです。

 

まぁ!今後米経済にもリバウンドはあると思いますが、それがいつになるのやら…

 

経済指標

 

月曜日 🇯🇵日本・GDP1次速報値 10月

     

 

火曜日 🇬🇧英国・雇用統計 1月

              🇬🇧英国・ILO失業率 12月

    🇩🇪ドイツ・ZEW景況感指数 2

                   月

 

水曜日 🇯🇵日本・通関ベース貿易収支 

                   1月

    

木曜日 🇺🇸アメリカ・FOMC議事録 1

                   月

    🇦🇺豪・雇用統計 1月

 

    🇨🇦カナダ・新築住宅価格指数 

                   1月

 

金曜日 🇪🇺ユーロ・製造業PMI(購買

     担当者景気指数)(速報値) 

                  2月

    🇪🇺ユーロ・非製造業PMI(購

     買担当者景気指数)(速報

     値) 2月

 

    🇨🇦カナダ・小売売上高 12月

 

私が特に注目しているのは、カナダです。

利下げ示唆が出ているので、経済指標の結果が今後かなり注目していきたいです。

 

来週もコロナウイルス関係で何かと乱高下する展開が続くと思いますが、中国の金融緩和をいつやるのか?

それから、中国共産党コロナウイルス関連で、やっと行動しているようです。

その辺の対応次第では上に行く可能性もあります。

 

では👋

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

もしよかったらポチッとお願いします🤲

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村