FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

🇺🇸🇯🇵中長期トレード 110円台

今朝方、コロナウイルスの感染者・死者数のカウントを間違えて、新たにカウントした所、死者数と感染者が一気に増えた事で、一時的に落下した。

まぁ〜こんなもんでしょ。中国の人口がどんだけいると思っているのか、多分もっといるかもしれません。

 

この話題で落ちるという事は、コロナウイルスはまだ織り込んでないという事ですね。

また、これをきっかけにそのまま落下していけば尚更です。

 

ファンダメンタル分析

 

  全体のトレンド

 

(コロナウイルス)

 

基本は、もうコロナウイルスの一色でしょう。

各国の政策金利の発表の好感されて上がっていっても、コロナウイルスの話題に殺されます。

ここは、完全に織り込んでくるまで乱高下しますので注意が必要です。

 

このような場合は、やはりテクニカル分析が必須になるので、サポートラインやレジスタンスラインをしっかり把握しとく事が大事になります。

 

又、更なる悪化は、コロナウイルスによる経済悪化が、まだ見える化されてないので、3月の中国経済指標には、要警戒です。

 

  🇺🇸🇯🇵のトレンド

 (FRB)

利下げ期待が高まりの中、パウエルさんは、据え置き姿勢を一行に崩さない。

これを受け失望感も有り、若干の下げに転じた場面もあったが、正直今のパウエルさんには、何を聞いても据え置きの発言でしょうし、期待薄です。笑笑

だから、パウエルさんの今後の注目発言時期は、コロナウイルスによる世界的に更なる悪化の状況の時に、どのような発言をするかに注目したいです。

ただ、アメリカの経済状況は悪くありませんし、パウエルさんが据え置きを崩さないのは、当然と考えても良いと思っています。

 

(🇺🇸🇨🇳通商交渉)

 

第一弾の通商交渉の履行の延長の恐れがあるとして報道されている。

ただ、現時点では中国が通商交渉時に契約した事を延長する話は出てないとしているが、一部では、米農産物購入に影響が出るだろうとしている。

また、米国側は、延長がない事を望んでいるとしている。

 

ここも、一つ頭に入れておきたいです。

 

経済指標

 

2/14 🇺🇸アメリカ・小売売上高 1月

 

テクニカル分析

 

🇺🇸🇯🇵週足

f:id:Original23:20200213121034j:image

週足は、頭少しだけダウントレンドから抜けています。

これを見る限り、上昇するには110円のキープが必要になります。

ただ、今の所、アップトレンドが強いと見て良い気がします。

 

🇺🇸🇯🇵日足

f:id:Original23:20200213133018j:image

どちらかと言えば、レンジ相場です。

ただ、段々広がっている感じもします。

つまり、P波動。もっとも分析しづらい相場でもあります。

ただ、110円を完全にキープできていれば、後は上がるだけの相場とも言えます。

逆に、落ちる相場なら、やりにくい相場です。

一応、109.5円チャネルラインを引きました。このラインでレンジになっている可能性が強いので、このラインで決めても良いかもしれません。

このラインをぬければ、108.5円がターゲットです。

 

今の相場は、クロス円とドル円の動きが違うため、ドル円を主体として考えるのは良くありません。

その原因をつくっているのが、コロナウイルスです。

アメリカではコロナウイルスの脅威はまだまだ薄いです。

ドル円が落ちてくれば、やっとコロナウイルスを物凄く警戒し始めた証拠だと思います。

 

では👋