FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

来週が落下なら、ショート優勢👍

f:id:Original23:20200125182232j:image

世界は、バイオハザードになりつつあります。何故!入国禁止にしないの?と思う土曜日を迎えての月〜金曜日までの振り返りと、来週のファンダメンタル分析を書きました。

 

月曜日からもじもじした相場が続きました。ブレイクアウトがない分、上下しやすいです。

やはり、決定的な材料がないので、相場内では(コロナウイルスごときで、相場が落ちるわけない。ここは上げだろ!いや!、コロナウイルスのおかげで、中国経済が深刻だから、リスク回避で下げだろ!)という行動がぶつかり合い。

私は、週足の反転はないだろうと思い、浅はかな考えでショートを優勢にしています。笑笑

 

本当、逆張りトレーダーにイラ!ってしてしまう今週の動き。

f:id:Original23:20200125182600j:image

さて、私は今週、豪ドル円とニュージー円に手をつけました。

結果、とりあえず、勝てましたが、ニュージー円で少しマイナスでした。

 

オセアニアというと、昨日は2種類とも、利下げの見直しがあり、又、米中関係も少しづつ改善しているにも、関わらず、コロナウイルスのおかげで、中国経済のリスク回避で円が買われ、月曜日からジリ高。

 

ファンダメンタル

 

月曜日 コロナウイルスでリスク回避

    (中国 香港 上海株の落下)

火曜日 コロナウイルス感染拡大

        ↓

水曜日 継 続 米VS EUリスク回

         避

        ↓

木曜日 継 続

     米VS EUリスク回避

     BOC政策金利

        VS

    豪雇用統計で良好 利下げ

     先送り

                             ↓

               WIN コロナウイルス

      米VS EUリスク回避

        VS

金曜日 NZ 消費者物価指数で良好

    利下げ休止の報道

                             ↓

               WIN コロナウイルス

      米VS EUリスク回避

 

各国の良好な経済指標も虚しく、コロナウイルスのリスク回避で短期の反転は、なし。

土曜深夜には、最安値付近まで近く展開。

 

 

来週は、引き継ぎ、コロナウイルスによるリスク回避を始め、

 

(米大手企業決算)

 

f:id:Original23:20200125182700j:image

決算企業は、知る限りアップルが入っています。

ちょっとアップル決算は怖いイメージがありますね…笑笑

 

(アメリカ株の落下)

f:id:Original23:20200125220043j:image

コロナウイルスアメリカからも二人ほど感染を確認した事で、4日連続の落下

 

週明けも、落下するか…て所。

 

(大統領選挙に警戒)

 

アメリカ株が落ちている原因に、トランプさんに対抗する人物が現れたみたい。

これは勉強不足なので、省略…笑笑

 

ついに落ちてくるか?米株さん!

 

今の所の相場のメインは、ウイルスですが、そろそろ他の材料も確認していきたいですね。

 

経済指標

 

1/27 🇩🇪ドイツ・Ifo景況感指数 1月

    

    注目度が高いです。ユーロ円の

    変動に注意

 

 29    

             🇦🇺豪・消費者物価指数 10月

   

     注目度が高いです。豪ドル円

     豪ドルドルの変動に注意

 

 30

       朝方 🇺🇸FOMC

 

     🇳🇿NZ・貿易収支 12月

   

             🇪🇺ユーロ・雇用統計 12月

    

     🇬🇧英国・英中銀政策金利 1月

    

     🇺🇸アメリカ・実質GDP  

      (速報値) 10月

       

   31  

               🇪🇺ユーロ・実質GDP(速報

                    値) 10月

               🇨🇦カナダ・実質GDP(前月

                    年比) 11月

 

注目度の高い指標ばかりです。金利政策以外は、ほとんどが短期変動ですが、指標の数値を見て、評論家やら専門家が発言していき、その発言で動く事があります。

ここが経済指標の怖い所ですね。

 

テクニカル分析

 

テクニカル分析は、全体的にダウントレンドです。

特に注目したいのは、各通貨ペアが日足のアップトレンドから外れる手前に位置していると思います。

 

月曜日の週始めは、状況的にも様子見をオススメしときます。

 

テクニカル分析は、別の記事で各通貨ペア毎に書かせてもらいます。

 

では👋