FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

🇪🇺🇯🇵トレード

f:id:Original23:20200123225414j:image

何気に、ユーロ円が一番面白い位置にいます。

 

トランプ大統領が貿易交渉の合意がなければ、自動車に関税をかけるとして、これに対抗するように、ユーロも報復措置に踏み切ろうとしている。

 

いつ返事をするのか!

 

はっきり言えば、今はユーロ円のトレードは怖いですね。

 

ファンダメンタル分析

 

🇺🇸VS🇪🇺

f:id:Original23:20200124103222j:image

上記の通りですね。間違いなく今度はユーロが標的ですね。

 

つぎに、イギリス。そのつぎにインドみたい。

 

🇪🇺🇬🇧貿易協定

f:id:Original23:20200124103250j:image

ここだけは、良い材料でしょう。

 

*だからこそ、ファンダメンタル分析だけで言えば仕掛けづらい。イコール、リスク回避感がある気がする。

 

テクニカル分析

 

🇪🇺🇯🇵週足

f:id:Original23:20200124095842j:image

まず、どちらに行くのか…来週か再来週には、方向性が決まると思いますが…

 

🇪🇺🇯🇵日足

f:id:Original23:20200124095958j:image

日足のアップトレンドは、121円に来ています。

 

一度、121円から反発があって、高値失敗が有ればラインを引けるが、ファンダメンタルを気にしなければ、素直にアップトレンドに乗れば良いと思います。

f:id:Original23:20200124102534j:image

こんな感じ!

 

🇪🇺🇯🇵1時間足

f:id:Original23:20200124101733j:image

現在は、121.6の位置に、長期のダウントレンドラインがあります。

 

一度121円を割っていますが、また元に戻りました。

ここが別れ目になるので、

 

ダウントレンドを抜いたら、アップトレンドだが、週足のダウントレンドが122円にある。

121円付近に日足のアップトレンドにサポートされている。

 

経済指標

1/24

🇩🇪ドイツ・製造業PMI(購買担当者景気指数)(速報値) 

 

🇩🇪ドイツ・非製造業PMI(購買担当者景気指数)(速報値) 

 

🇪🇺ユーロ・製造業PMI(購買担当者景気指数)(速報値)

 

🇪🇺ユーロ・非製造業PMI(購買担当者景気指数)(速報値)

 

この指標次第では、上に反発する可能性があります。

 

少し難しいので、もしポジションを持つなら、来週からでも遅くはないですね。

 

個人的には、今のファンダメンタルから言ったら、タイミングがあればショートエントリーをします。

 

では👋