FXは、シンプルに行きましょう

4年目FXトレーダーの読みづらい上級者ブログよりもシンプルに書いたブログ。

🇦🇺🇯🇵トレード

2日の夜から急に落下が始まりました。

米とイランによる地政学原油との関係でドル円に連れられ短期的に円高方向に!

ロイターを読んで要警戒ですね!


ファンダメンタル分析

 

さて、米中通商協議の好感と大統領選挙に向けて、ドル安、豪ドル高。これに伴い、円にショートをかけてた連中がたまらず決済!(勝手な妄想です)

後は、オーストラリア経済が上向き方向になれば、豪ドルも尚買われる方向。

しかし、去年の豪大手ウエストパック銀行による予想で、来年には0.25%まで政策金利が落ちるだろうと発言。

今となれば、米中通商協議のフェーズ1の合意前だったので、今後の経済が上向き方向になれば、政策金利の据え置きとなるサプライズ?になるのでは…

まぁ〜オーストラリアは中国の影響をもろに受けるので、今後の減速予想が大半の中国経済がどこまで立て直すか、あるいは現状維持できるかに期待を持っても良いかなぁと思います。

今のところ、オーストラリアにとってのリスク要因となる経済関係の発言・行動はないですが、冒頭に書いた、米・イランの問題が材料不足の中、短期的にトレンドになっているように感じられます。

 

一つリスク要因であげるとなれば、オーストラリアの山火事ですね。今後の情報でどの程度、経済に影響をもたらすのか注目したいところ。

 

1/6〜10日までの経済指標

 

1/9  🇦🇺豪・貿易収支 11月

  🇨🇳中国・生産者物価指数 12月

  🇨🇳中国・消費者物価指数 12月

 

上記の経済指標も大した事のない指標なので、あまり気にしなくても良いです。

 

テクニカル分析

 

🇦🇺🇯🇵週足

f:id:Original23:20200510163257j:image

週足は、まだダウントレンドないです。

76円 77円辺りが天井だと思います。

今現在、大した材料がないため、このまま反転するのは厳しいです。

加えて、今のオーストラリア経済が反転するような経済状況なのかと考えれば、納得する位置にいると思います。

 

🇦🇺🇯🇵日足

f:id:Original23:20200510163307j:image

日足は、アップトレンド内にいます。

週足のレジスタンスラインの76円で止められています。

この76円のレジスタンスラインは、ちゃんと機能するのかは、まだ不明ですが、仮にここが天井と考えるなら、一旦様子見を優先。

現在は、76円〜75円まで落下。75円を抜けると74.5〜74円内で買いが入ると思います。ですので、ショートで持つ場合、1時間足、もしくは4時間足のダウントレンドラインが形成されていれば、そのラインを目印にショートを持つ事をオススメ!

今は、リスクオフではないので、下がっているとしても、押し目、言い方を変えると、調整です。

 

🇦🇺🇯🇵1時間足

f:id:Original23:20200510163323j:image

76円を抜けてからの落ち方がすごいきれいですね!本当に鉄板形の落ち方。笑笑

76円を抜けてから、少し戻しを入れ、再び落下。笑笑 綺麗だ〜

パチスロで言えば

f:id:Original23:20200510163331j:image

分かる人は、分かるかなぁ。

 

話を元に戻しますが、ここからの展開予想は、

f:id:Original23:20200510163341j:image

三角持ち合いを形成しながら、75円の攻防。

ショート優先なら、三角持ち合いの斜めのラインが、ダウントレンドラインになるので、このラインを使えばよい。

上記に書いた通り、74.5〜買いが入ってくるので、ラインから外れたら即決算。

 

まぁ〜どちらにしても、今の相場は、メインとなるトレンドがないので、もう少し様子見で行きたいが…

 

では